2011年07月22日

Bojangles Of Harlem




JAM TAP DANCE COMPANY公演
『タップ狂時代 〜Swing Time〜』より

時:2011年1月15日
於:あうるすぽっと


映画『有頂天時代』(1936年)の中では、アステアと彼の背景に大きく映った影3体が競い踊るという合成された映像でのシーンですが、生の舞台では僕の踊るスクリーンの後ろで実際に3人のダンサーが踊っています。

加藤忠さん、成川直人さん、尾崎美月さん。
動きをピッタリと揃え、影がきちんと並ぶように、本当に狭いスペースで踊ってくれているのです!

そして、音楽を担当してくれた池城蘭子さん。
ダンス用にアレンジされた曲は、全体が一定のテンポでは構成されていないらしく、とても苦労されたのだとか・・・それでも楽しかったと仰ってくれました!

みなさんに感謝・感謝です!


ちなみに――手には、タップチップを縫い付けた手袋をしています。
posted by nozomi at 03:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/216020692
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。